HOME | 教習の特徴 > 都心で安心教習

都心で安心教習

都心の道路と郊外の道路の違いは、車の量だといえます。運転に慣れていないペーパードライバーの方でも、都心でも安心してスムーズに走れるよう、運転時に必要なことをお教えしております。

都心での運転に必要なこと

都心で安心教習 こちらでは都心で安心して、安全な運転をおこなうために必要なことを大きくまとめております。「アカサカペーパードライバー個人指導」では、はじめは簡単なコースを走り、段階を踏んでお客さまに気持ちの面で負担をかけぬよう指導をおこないます。ぜひ、お問い合わせください。

確実な運転テクニック

車線変更や右左折の仕方など、免許を取得した際に学んだと思います。しかし、実際に都心の道路を走ってみると、車線の多い道での車線変更や右・左折、細い道での対向車など、教習所では学んでいないケースを目の当たりにすることになります。運転に不慣れな方は、そこで緊張してしまい、スムーズな運転ができなくなります。

「アカサカペーパードライバー個人指導」では、まずは、都内のなかでも簡単なコースを走り、車体の感覚を覚えていただきます。都心を快適にドライブするためには、何度も運転し車間距離や車幅などに慣れていただくことも大切なことです。

道路をしっておくこと

都心を走る場合、目的地まで安全に到着するためには、混雑している場所や時間帯を正確に把握することが大切になってきます。

まずは運転する前に、目的地までの道順を確認しましょう。カーナビゲーション付きの車に乗られている方もおられますが、運転に不慣れな方は、カーナビが案内するとおりに進めないものです。途中で疲れた際に休憩する場所も含めて、もう一度、頭のなかで整理しましょう。

交差点の特徴を知ること

都心の交差点の特徴を把握し、スムーズな運転を心がけましょう。とくに都心部の交差点は右・左折の車線が分かりにくかったり、時差式信号があったりと、郊外での交差点のように簡単に通ることはできません。混乱したペーパードライバーの方は、交差点の真ん中で立ち往生してしまうケースもあります。

そうしたことを回避するためにも、「アカサカペーパードライバー個人指導」では、都心部の交差点での右・左折方法について、お教えいたします。


ページのTOPへ